えごまについて

 えごまとは、東南アジア原産のシソ科の植物です。

食用の他に油を採るために用いられることもあります。

 日本においてはインド原産のごまが一般化する以前から用いられ、

古くは縄文時代早期に遡るとされています。

 減反政策強化の影響を受け、色麻町では平成12年度に

転作奨励作物となりました。

 平成30年度の色麻町内の作付面積は26.4haでした。

 

 

 えごま通信

 えごま関連の情報を発信しており、平成28年に発行が始まりました。

えごま通信第19号(2020年11月発行) 

えごま通信第18号

えごま通信第17号

えごま通信第16号 

えごま通信第15号  

えごま通信第14号 

えごま通信第13号

えごま通信第12号

えごま通信第11号

えごま通信第10号 

えごま通信第9号

えごま通信第8号

えごま通信第7号

えごま通信第6号

えごま通信第5号 

えごま通信第4号 

えごま通信第3号 

えごま通信第2号 

えごま通信第1号

 

えごま栽培マニュアル 

えごま栽培マニュアル