戦没者のご遺族の皆さまへ

第十一回 特別弔慰金の請求手続きが始まります

【制度の概要】

 戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔意の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

 

 【対象者】

 令和2年4月1日(基準日)時点で、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。

戦没者等の死亡当時のご遺族で

1 令和241日までに弔慰金の受給権を取得した方

2 戦没者等の子

3 戦没者等の①父母②孫③祖父母④兄弟姉妹

  ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有している等の要件を満たしているかどうか、により順番が入れ替わります。

4 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)

  戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

 

 【支給内容】

 額面25万円、5年償還の記名国債 

申請の翌年の令和3415日以降に、毎年1回、年5万円ずつ支給されます。

 

 【請求期間】

 令和2年4月1日~令和5年3月31日まで

 

 【留意事項】

 特別弔慰金は、ご遺族を代表するお一人が受け取るものです。ご遺族間の調整は、記名国債を受け取った方が責任を持って行うことになります。

  

 

 

【問い合わせ先】

保健福祉課福祉係 ☎66-1700