子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日より、法律に基づく定期接種として実施しています。しかし、副反応についての情報が不足していることから、同年6月14日より、積極的な接種勧奨が控えられています。

そのため、本町では接種勧奨や予診票の送付は行っておりません。しかし、あくまでも接種を積極的に勧める案内を控えている状況であり、接種を希望する方は定期接種として予防接種が受けられます。ワクチン接種の有効性とリスクをよくご理解いただいたうえで受けてください。

対象者

平成16年4月2日から平成21年4月1日生まれ(小学校6年生から高校1年生相当の年齢の女子)

接種スケジュール

初回接種から約6ヶ月の間に3回接種(接種間隔はワクチンの種類で異なります)

ワクチンの種類について [88KB pdfファイル] 

子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ [104KB pdfファイル] 

接種料金

無料 ※ただし、接種対象年齢を過ぎた場合は全額自己負担

実施医療機関

大崎管内及び県内の契約医療機関

大崎管内の実施医療機関 [59KB pdfファイル] 

予診票

保健福祉課で配布します。(母子手帳をお持ちのうえ、お越しください)

 

子宮頸がんについて、詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/